助手席から

L1008421R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1
L1008425R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1
L1008430R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1
L1008432R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1
L1008438R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1
L1008438R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1
L1008442R
Leica M (Typ240) + Voigtlander NOKTON 50mm F1.1

休日は基本的に運転担当は私なんだけど

たま~に妻が運転してくれる際はカメラを持って助手席に座る事にしている。

窓から写真を撮る気で眺める景色が歩道を歩くそれとは異なる。

50㎜の画角、絞り開放でなんとなく撮るのが楽しい。

銀座

IMG_0471
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM
IMG_0470
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

キヤノンSC銀座へ行ってきた。前日にマウントアダプタ経由でSP AF90mm F/2.8 Di MACRO(PKマウント用)を6Dに取り付けようとしたら見事に後玉から出てるピン等が邪魔でミラーと軽い衝突をやっちまったからだ。 レリーズボタンを押した際に微妙に鈍いガシャンという音がなりシャッターは切れるも画像は下半分が真っ暗。。。レンズを外して恐る恐るミラーを確認してみると・・・傷か汚れか分からんものが微かに見える。。嗚呼、購入早々に軽率な事をしたもんだと凹んだわけだが、自分でミラーを掃除すると碌な結果にならないのは10数年前に初代5Dで経験済みたっだので素直にサービスセンターに持っていこうと思ったわけだ。

で…結論から言うとただのこすった際の汚れであり傷ではなく清掃で綺麗になった。ついでにセンサークリーニングもやってもらって綺麗さっぱり。しかも保証期間内なので無償。良かった良かった。

SP AF90mmはピンを削るか除去しちゃえば6Dで使えそうだけど、さぁてどうしようかな。。素直にEFマウントのやつと下取り交換した方が利口なのは重々承知なんだが絞りリングありのPKマウントの方が今や貴重な気もして。。うーん。

オールドレンズ

38DM4608R-2
Canon EOS-1Ds MarkII + Leica Summicron-R 50mm F2

もう手元にはないRマウントのズミクロン 50mm。

10年ほど前に新宿のマップカメラで買った際は状態が良いものでも3、4万円程度だったように記憶しているが、ミラーレスが存在する今はオールドレンズの価値が上がり過ぎちゃって高いのなんの。このレンズでさえ今は10万円前後する模様。(当時の値段を知ってるだけに)もう手が出せません。。Rマウント自体が衰退していてEOSにつけて再利用するぐらいしかなかった時代に遊んでおいてよかった…とか思ってる今日この頃です。

2007年3月の撮影より一枚抜粋。

写真と趣味のブログ