長瀞町@宝登山

IMG_20170430_132501R
HUAWEI Mate9 (SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPH.)

ロープウェイ降りて山頂駅出口横から一枚。

IMG_20170430_132326R
HUAWEI Mate9 (SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPH.)

見晴らしのよい場所にて

L1009722R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

レストランで腹ごしらえ。 ラーメンが美味かった。

L1009739R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

山頂付近のツツジ。

L1009737R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

木の枝拾ってポーズとる息子。

L1009735R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

山頂で記念撮影 (Photo by 妻)

L1009746R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

山道にちょこちょこツツジが咲いている。

L1009742R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

息子の後ろ姿。 流石4歳。 元気に歩く。

IMG_1796R
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM
L1009744R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

前回のエントリー「長瀞町」の続きでした。

これでお終い。

この日は山の上の景色を真面目に撮るぞと気合入れてカメラ2台持って行った。が、結果的に非常に散漫になってしまいよくなかった。(3歳娘が「疲れた、抱っこ」を連発するので写真撮る余力もあまりなかったのもあるが)ライカMに21㎜一本+予備で(スマホとは思えない程画質が十分良い)Mate9の27mmで良かったかなぁと(^^;

ちなみにHelios 40-2も持っていったんだが、一度も使わなかった。 というよりも持参してる事を完全に忘れていて、レンズの存在に気付いたのは帰りの車の中だった笑

 

次回からはGWに撮りためた写真をちょこちょこ載せていきたいと思います。

ではでは。

長瀞町

IMG_1795R
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

先週末は長瀞町にお出かけしてきた。

魚釣りして塩焼き食べて、最後は宝登山ロープウェイで山頂まで行ってきた。

IMG_1768R-2
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

冷たい水ではしゃぐ息子と娘。

IMG_1776R-3
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

私。 (Photo by 妻)

L1009699R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

茶店で休憩。 かき氷が美味かった。

L1009705R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

宝登山のロープウェイ乗り場。

L1009709R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

鯉のぼりの尻尾。

IMG_20170430_131552R
HUAWEI Mate9 (SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPH.)

ロープウェイの窓から。

—————————————-

ブログ更新してたら眠くなってきたので、今日はここまで…笑

後日、山の上の写真を載せます。

21mmと50mm #桜と息子

L1008991R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

さいたま市。用水路沿いの桜。

十数年前に「ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0」を使いこなせなかった過去から広角レンズにはややアレルギーがあったんだけど、最近はちょいとばかり21mmが楽しくなってきた。 ただこれ以上焦点距離短くなる超広角レンズは全く使える自信なし…笑

IMG_0857
Canon EOS 6D + EF50mm F1.4 USM

この日は桜のピーク。しかし小雨。 (普段はお出かけの際にカメラは一台、レンズは多くても2本なんだけど)片手が傘で塞がるとレンズ交換が面倒になるのもあって珍しくカメラ2台体制。 Leica Mには21mm。EOS 6Dには50mmをつけて撮影に臨んでいました。

21mmはパースの影響等をよーく考えて「ごめん、ちょっと待っててね~」とか息子に声かけながら撮ってますが50mmはファインダー覗く前から脳内で画角がイメージできるのであっという間に組み立ててシャッター切れます。好きな画角ってのはいいもんだ。 ただ21mm~35㎜でも同じようにさーっとイメージできるようになりたいものです。

21mm #桜

L1009034R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

春日部市。 だったと記憶している。

多分、去年のエントリー「桜#2」と同じ場所。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オッドカラーシフトで悩むの止めた。

Mマウントの21mmの現行品だとウルトロンの21mm F1.8 Asphericalがおそらくコスパ的にも最強だという結論に達したんだけども、前にも書いたようにノクトンF1.1並みにデカくて重いのが難点。

そんなわけで禁断の解決法を…

Typ240でスコパー使う際はカメラの設定で メニュー>レンズ検出>マニュアル で(全然関係ない)21mmのレンズ選択すると、カメラ内でRAW画像にも手を加えて除去してくれるから、暫くはこれを使って凌ぐ事にします(RAW自体にインチキ修正加えるのは微妙だと思ってこの解決策は何回か使ってOFF(※1)にしてたんだけど、やはりスコパーのサイズ感は捨てがたいのだ…笑)

※1 なお「21mm #3」のエントリーがこの機能有効時の撮影

Typ240_color_skopar_21mm_F4P
Leica M + COLOR-SKOPAR 21mm F4P

見頃

L1009167R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

桜満開の週末は雨ながらもお出かけしてきた。

傘をさして桜並木を歩いて家族を撮ったり、雨上がりの曇り空の公園で散りそうな桜を撮ったりとまぁ悪天候にも思える環境だけど、個人的には曇りの日の湿っぽく弱い光は好きなので全然苦にならず。家族と桜をテーマに撮れて楽しかった。

21mm #3

L1008343R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

待ち伏せする娘。

L1008331R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

のろのろ歩く妹に「遅いぞ」とお兄ちゃん。

L1008347R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

一足先に進んで振り向いて一枚。

L1008355R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

足を止めて菜の花と3人の後ろ姿を狙う。

L1008371R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

公園のブランコで遊ぶ息子と娘。

L1008379R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

ジュース飲んで満足そうな息子。

21mm

L1008849R
Leica M (Typ240) + Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F4P

136gと超軽量で開放から非常にシャープなんだけど…あれだよ、カラーシフトがねぇ。 ある程度覚悟して導入したんだけど、やっぱり気になる…笑  かといってフォクトレンダーの同画角Ultron 21mm F1.8 ASPHは412gとデカい。 自分の苦手な21mmに重いレンズだと持ち出すのに躊躇しちゃうのは目に見えてるからCOLOR-SKOPARを選んだんだけど・・・。